レヴァンテ笹塚

[投資用ワンルームマンション専用卸]

<建築note>
規模が小さいので販売会社を通さずエンドユーザーに直接一棟売る投資用のワンルームマンション。
逆に販売会社の経費分が無く安い。敷地は南北に奥行きがなく日影規制が厳しい。
容積率が消化し切れない敷地に階高さを押え有効活用した。

一般に販売会社が個人に一戸ずつ分けて売る時に融資するノンバンクは外壁にタイルを指定する。ここではその縛がなく、デザインやコストを優先し打ち放しを多用した。階高さを一般より30~40cm低くし2m50cmとし、少し沈め4階で有りながら高さ10mから掛る日影規制を逃れた。しかし天井高さは2m30cm、水廻りも工夫し天井高さ2m21cm確確保した。技術的には究極の設計だ。
十分なエントランスが取れないが階段室全体をデザインし差別化した。

建築場所 東京都渋谷区
構造・階数 RC4階建
用途 共同住宅
敷地面積 115.74㎡ (35.0坪)
法定延床面積 277.41㎡     (83.9坪)
竣工年 令和1年 (2019年)

土地の有効活用をご検討の地主さまへ

比較表
参考にしていただける内容です。

次の記事

中軽井沢の山荘